運営方針1.お客さまの声を活かした取り組みの実践

当会社は、お客さまから寄せられたご意見、ご要望、ご不満等を「お客さまの声」として真摯に受け止め、社内で共有し、誠実、かつ公正に対応します。
また、お客さまに満足いただける良質なサービスを常に提供できるよう、「顧客中心主義」を徹底し、お客さま本位の業務に努めます。

主な取り組みについて

以下の事項を実施することにより、業務品質の向上を実現するとともにお客さまの声を活かした事業活動に取り組んで参ります。

実施している主な取り組み

リスク・コンプライアンス委員会への報告と討議(月1回)
前月受けたお客さまの声について、内容・対応状況、発生原因と再発防止策の検証を行います。対応策への審議・検討を行い、改善策の検討・策定・実現に向けて迅速に対応します。

改善した取り組みについて

お客さまの声により、当社の施策や商品・システムが改善させた事例については当社ホームページ等で公表していきます。

運営方針2.お客さまのニーズに対応した商品の開発、サービスの提供

当会社は、お客さまのご意見や市場調査等を通じて、お客さまのニーズに沿った商品・サービスの開発に努めています。

主な取り組みについて

多様化するお客さまへのニーズに対応し、柔軟に対応した商品の取り組みサービスの提供を実践します。

実施した取り組みについて

商品改定においては、お客さまの意向、社会環境の変化等を鑑み随時改定を行っております。またWEBを活用したマイページ導入など、利用されるお客さまが増え、ペーパーレスによる契約がメインとなっております。キャッシュレス決済のニーズにお応えし、払込方法の多様化を実現しております。

運営方針3.お客さまにとって分かりやすい情報の提供

当会社は、お客さまが、販売される商品・サービス等の内容を正しくご理解いただけるよう、わかりやすい情報提供に努めます。
また、商品内容やリスク内容等の重要な情報について、パンフレット、チラシ、公式ホームページ等を用いて、わかりやすく丁寧に説明します。

主な取り組みについて

お客さまから把握した意向や情報を正しく反映した内容でご契約いたします。

改善している取り組みについて

ご契約にあたって、重要事項説明書等、分かりやすく表示をし、お客さまに必要な情報を正しくお伝えします。また複数の保険会社を利用している代理店には取扱商品から特定の保険会社の商品を選別・推奨して販売する場合、お客さまに推奨した商品をどのように選別したのかその理由を説明します。

運営方針4.保険金支払いの適切な管理

当会社は、お客さまのいざというときにお役に立てるよう、お客さまの状況や立場に寄り添い、信頼に応えるサービス品質を確保し、迅速かつ適切に保険金をお支払するよう努めています。

主な取り組みについて

事故に遭われたお客さまや事故のお相手の方に十分な理解とご納得をいただけるよう、丁寧な説明と適切な保険金支払いを実践します。

実施している取り組みについて

事故対応の進捗に応じてタイムリーな経過の報告や確認を行ってまいります。事故のお相手の方にも定期的に連絡をとり治療状況等の経過をお伺いしています。 事故に関する情報に基づいて、速やかに保険金のお支払いをします。

運営方針5.業務運営方針の浸透に向けた取組み

代理店や社員が常にお客さま本位の行動をしていくために、研修体系の整備や運営方針の浸透にむけた取り組みを推進してまいります。

主な取り組みについて

お客さま本位の業務運営が適切に行える体制の構築・維持・改善を行います。

実施している取り組みについて
  • 代理店を支援し、適正な保険募集体制を整えます。
    保険募集を行うにあたり、財務局に代理店登録・募集人届出された者のみが保険募集を行うようにしています。また募集人が保険の募集を行うために必要な資格の取得状況や受講状況を管理しています。代理店を支援し、これらが代理店で正しく行われるための態勢を整えます。
  • 紹介店制度の適正な管理と運営
    毎年監査点検を実施し、活動実態の把握と適切な業務運営指導を行い、お客さまサービス向上にむけた取り組みを実践します。
  • アンビショングループの企業理念とともに定めた「行動指針」に沿って行動し、お客様本位の行動をしていくための企業文化定着をはかります。また全社員向けにeラーニングによる研修を定期的に開催し、社員のコンプラ遵守による取り組みを実践し、お客さま対応力の向上にむけた取り組みを実施しています。

運営方針6.利益相反の適切な管理

当会社は、お客さまの利益を不当に害するおそれのある取引が行われることがないよう、お客さまの意向を正確に把握し、適切な保険募集管理体制を徹底いたします。

実施している主な取り組み

お客さまに当社商品の紹介を行う際に、利益相反が起こらないよう、代理店や紹介店が当社商品を紹介する際、適切な運営が行われるよう指導に努めてまいります。リスク・コンプライアンス委員会等で確認しているほか、監査等においても利益相反の適切な把握・管理に向けた取り組みを継続的に実施します。

<ご参考> 金融庁「顧客本位の業務運営に関する原則」と当社運営方針の対応関係

金融庁の原則 当社の対応する運営方針
原則2 顧客の最善の利益の追求 方針1~方針4
原則3 利益相反の適切な管理 方針6
原則5 重要な情報の分かりやすい提供 方針2、方針3
原則6 顧客にふさわしいサービスの提供 方針2、方針3、方針5
原則7 従業員に対する適切な動機付けの枠組み等 方針5

※原則4、原則5(注2)、原則6(注1)~(注4)は、当社の取引形態上該当しない、または該当する商品の取り扱いがないため、方針の対象としておりません。

PAGE TOP